楽天カードの作り方・申し込み方法を解説。パンダデザインも選べるよ!

楽天カードは簡単に作れる便利なカード!

クレジットカードというと色々なカードがありますが、最近特に人気があるのが楽天カード。川平慈英さんのCMでおなじみですが、発行枚数も現在ではかなりの数となっております。

 

 

そんな楽天カードですが「作り方は簡単?」とか「作るのって時間がかかる?」など疑問もいろいろとあるでしょう。やはり一般的な審査のない楽天のポイントカードなどとは違って、クレジットカードですので心配などありますよね。

 

 

このサイトでは楽天カードの申し込みの流れなどを解説してみました。楽天カードの作り方ですが誰でも簡単に作れますので、一度チャレンジしてみてください!

 

 

またクレジットカードに共通している、良くある疑問についてなどもまとめてみましたので、クレジットカードについて気になる方はそちらもご覧になってください。

 

 

楽天カードの作り方について解説

楽天カードの作り方ですが手順を紹介してみます。尚、クレジットカード作成に必要な情報入力などの簡単な部分は省略しておりますので、ご了承ください。

 

 

まずは楽天アカウントの作成から

楽天カードを作りたい場合に必要となるのが「楽天アカウント」となります。楽天の会員登録を行うのですが、面倒なことなく簡単にできますのでまずは先に登録をしておきましょう。

 

 

もう持っている人はそのままの状態で楽天カードに申し込みすることが可能です。また、当然ですが無料で会員登録は可能ですので安心してください。

 

 

サイトで楽天カードの申し込みをする

楽天カードのサイトで申し込みをします。新規入会でポイントが貰えるキャンペーンはきちんと事前エントリーをする必要がありましたが、現在はそのような必要もなく普通に申し込むだけでOKです。

 

 

またこの申し込みの時についつい何かと迷ってしまいそうになる項目など中にはあります。そんな部分など下に書いてみましたのでご参考にしてみてください。

 

 

カードはどれがいい?

楽天カードといっても数種類あり、ピンクカードとかゴールドカードなど種類がありますが、基本的に一般的な楽天カードがお勧めです。

 

 

基本楽天市場で毎月2万円以上など、買い物をする方ならゴールドカード(年会費が必要)などを選ぶのがいいと思いますが、なかなか毎月楽天市場で2万円ぐらいの買い物をする方も少ないでしょう。

 

 

基本的に楽天カードは年会費が無料ですので年会費無料の楽天カードさえあれば十分です。また、ピンクカードというのは女性向けのカードで、さまざまな特典をつけれるカードで基本的なサービスは変わりませんので、デザインで決めるといいでしょう。

 

 

カードのブランドはどれを選択したらいい?

楽天カードはVISA・マスターカード・JCBとありクレジットカードのブランドはどれがいいのか?と迷いますが結論から言いますと、VISAやマスターを選んでおけば無難だと言えます。

 

 

ただ、日本国内で使うだけでしたらどのブランドでも構わないです。クレジットカードを持っている方ならご存知とは思いますが、まず上で挙げた3つのカードで使えないシーンってほとんどないです。

 

 

海外で使うとなるとJCBは避けた方がいいかもしれないですが、基本的には好きなブランドとかロゴのデザインがいいから、などこんな感じで決めるといいです。

 

 

JCBカードは以前ナナコのチャージでポイントが付与されていたのですが、現在は付与されないのでJCBを選んだ方がいい、という訳でもないので好きなブランドを選びましょう。

 

 

ただ、1点だけ注意点がありますので必ず確認してください。

 

現在、楽天カードのデザインとして「パンダデザイン」が発行されています。CMでもおなじみのキャラクターのパンダがクレジットカードにデザインされているのです。

もし楽天カードで「パンダデザイン」にしたい場合は、MastercardとJCBでしか申し込みできないのです。VISAブランドではパンダカードを入手できないのです。
なのでもしパンダカードにしたい場合は「マスターカードおよびJCBブランド」にする必要がありますので、カード作成の際はご注意ください。

 

 

ETCカードは申し込むべき?

ETCカードは年会費がかかります。年500円となりますので申し込みの際は良く考えてから申し込むようにしましょう。すでに持っているという方は「なし」で申し込むといいでしょう。

 

 

ETCカードは高速道路などで主に使うのですが、毎日一般道などを使っていてほとんど使う時がない、という方はなくてもいいでしょう。また、今作らなくても後で作ることもできますので、焦る必要など一切ありません。

 

 

審査結果を待つ

カードを申し込むと審査がありますので、まずは審査をクリアしないと発行はされません。審査中は緊張するかもしれませんが待っておきましょう。

 

 

審査結果はいつ頃になる?

楽天カードは審査が甘い、と言われているカードですのですぐに結果は分かる、という訳ではありません。審査の時間については人それぞれ異なります。

 

 

例えば10分ぐらいで審査完了、発行となった方もいますし、審査結果が分かるまで6日かかった、という方もいます。

 

 

ですので審査の時間については人それぞれ異なりますが、借入や金融事故などもない方ですと1日以内で結果が分かる、というケースが多いようです。

 

 

また、審査に通過した場合は「審査通過メール」が届きます。メールが届いてからカードが届くまで5日ぐらいかかります。

 

 

カード発行されたらポイントを受け取ろう

カードが届くと早速入会キャンペーンで貰える「2000ポイント」の申請をしましょう。何もしないで貰える、という訳ではなく申請をしないと貰えませんので注意が必要です。

 

 

受け取るには「楽天e-NAVI」というサービスに入会しないと手続きができません。楽天e-NAVIの会員登録は、楽天アカウントの情報と単純にカード番号などの情報を入力するだけですので、何も難しいことはありません。

 

 

楽天e-navi

 

 

このe-naviにログインすると、申請のリンクが分かるように掲載していますので、申請すると数日後にポイントが付与される仕組みになっています。今日申請したから今日貰える、ということではないので焦らず待ちましょう。

 

 

カード利用特典のポイントは?

カード利用特典のポイント(3000PT)については楽天カードを使わないと貰えないので、まずは楽天カードを使って買い物などをする必要があります。(金額はいくらでもいい)

 

 

ポイントの付与タイミングですが、楽天カードを使ってから翌月20日頃に付与される場合が多くなっていますが、この付与されたポイントは「期間限定」となっているので注意が必要です。

 

 

例えば10月20日ごろに楽天カードを使ったとしましょう。ポイント進呈日が11月20日頃になり、ポイントの利用期限が12月31日と、このようなパターンとなっているケースが多いです。

 

 

ですのでポイントが進呈された11月20日〜12月の31日までにこのポイントは使わないと「無効」となってしまうので、極力欲しいものがあるのであればそれに使うようにしたいですね。

 

 

大体ですがこのような流れで申し込みをすることができます。また、その他の気になる点や審査のポイントなどについても解説していますので、よろしければご覧ください。

 

 

その他、楽天カードを作る際に気になること

自動リボサービスって何?

自動リボサービスというのは、一回払いでカードを使っても勝手にリボ払いになる機能です。簡単に説明すると、カードを使うと全てがリボ払いになる訳ですね。

 

 

ではなぜこのような機能があるのか?メリットとして「リボ払いとレジの店員さんに言うのが恥ずかしい」というのを解消してくれます。リボで払う、となるとなかなか言いにくい時ってありますよね。

 

 

またリボは一定額を支払いするので、決まった金額で支払いをできるのがメリットでもあります。急な出費などにも便利に使える機能になるでしょう。

 

 

このようなサービスですが、リボ払いにすると金利がかかってしまうので、お勧めとしては申し込みをしない方がいいと思います。

 

 

ちなみにリボ払いに変更したいのであれば、楽天のe-naviからリボに切り替えをすることだってできますので、自動リボのサービスはとりあえずつけない方向で。

 

 

主婦・学生だけどカードは作れる?

楽天カードは主婦や学生の方でも作ることができます。大学生でも持っている人もいますし、主婦でもたくさん楽天カードを使っている人がいます。もちろんフリーターの方も作ることができます。

 

 

ただし、高校生は作ることができません。また無職の人でも実際楽天カードを作った人もいるようで、結構審査については甘いと言われています。

 

 

学生は社会人がクレジットカードカードを作る時と違って、職場といった項目がなく、大学名、学年、年収(アルバイト)、世帯年収や親権者の住所や実家の電話番号を記載する項目があります。

 

 

基本的にはよほどのことでもない限りは審査に落ちることはありませんが、親の借入状況や携帯料金の延滞があるなどで審査に落ちることはあります。

 

 

また、学生個人ではなく家族のキャッシュカードの付帯カードとしても発行することができます。この場合は引き落としの口座は親の口座からの引き落としになるので、親に内緒でものを買ったり、自分の口座から引き落としされるようにすることはできません。

 

 

なので、自分個人のクレジットカードを作ることが一番気軽に使用できます。また、収入が0円の場合でも、収入欄はきちんと0と入力するのが当然です。

 

 

また18歳・19歳は未成年ということで、未成年が親の同意が必要となります。これはどのようなクレジットカードでも同じです。では、実際にどのように親の同意を得ることができるのでしょうか。

 

 

楽天カードの場合は家に電話がかかってきて親の同意を確認するというケースが多いようです。また他のカード会社では、書類が送付されてきて、親が署名するようになっているケースもあります。

 

 

いずれにしてもきちんと親に説明して同意を得るようにしておきましょう。ちなみに親がクレジットカードを作るのを認めてくれないと、カードの発行はできません。

 

 

良く聞く在籍確認ってある?

良くクレジットカードを申し込む場合、会社や自宅に在籍確認がある、という話を聞いたことがありませんか?楽天カードも同じで在籍確認はあるのでは?と思いますよね。

 

 

しかし楽天カードを申し込んだ方の大半は、在籍確認なしでカードの発行ができています。ただ、必ずない、という訳ではありません。特に未成年の方は在籍確認はあるでしょう。

 

 

未成年がクレジットカードを作るのは親の同意が必要ですので、在籍確認は必ずあると思っておいてください。

 

 

クレジットカードの審査を通過する為の対策法

ココでは楽天カードもそうですが、クレジットカードの審査を通過させる為にどのような事を対策すればいいのか?について紹介しています。当然ですが状況によって違いもありますのでご了承ください。

 

 

キャッシングはつけない

キャッシング機能は便利です。海外などでも現地の現金を引き出すことができますし、何かと便利なのですが申し込む時はキャッシングはつけない方が審査に通過しやすくなります。

 

これは理由があり、一般的にクレジットカードにはショッピング枠、キャッシング枠とあると思いますが、審査についてはそれぞれ審査があります。

 

 

なのでキャッシング枠をなしで申し込む方が、審査に通過しやすいと言われています。またキャッシングというのは借金、という意味ですので審査はきつくなります。

 

 

またキャッシング枠を申し込むと、どうしても審査に時間がかかり、審査は微妙な流れになる場合があるので、不安ならばキャッシングについては「なし」で申し込むのが審査に通過しやすいポイントとなるでしょう。

 

 

多重申し込みはしない

クレジットカードを短期間で作りまくるのは良くないと言われています。申し込めば申し込むほど審査に不利になるとも言われています。

 

 

例えば半年の間に7社とか8社とか申し込んでいると、多重申し込みとなり審査は不利な方向へなると言われています。ではなぜこのようにたくさんのカードを申し込むのがダメなのでしょうか?

 

 

単純に考えると分かりますが、半年で7〜8枚などのカードが必要な時ってありますでしょうか?まず、普通の生活をしていると考えられないですよね。

 

 

そこでカード会社はこのように短期間でたくさんの申し込みをしている、ということは「カードの現金化などに使われるのでは?」など思われるケースも考えられるのです。

 

 

クレジットカードを申し込むと、個人信用情報機関に「カードを申し込んでいる回数」など登録されますので、もし多重申し込みをしているのであれば、半年は間隔を開けた方が理想だと言われています。

 

 

ただ、多重申し込みをしている人でも審査を通過している人もいますので、一概に言えないですが多重申し込みは避けておいた方が無難です。

 

 

良いクレヒスを作る

カード会社にもよりますがクレヒスは審査に重要な要素です。例えばお金を貸す時、この人は貸してもいい人か?貸したらいけない人か?などはどのような事で判断しますか?

 

 

その人がお金持っているのも大事かもしれませんが、1番はちゃんと返してくれるか重要だと思います。逆に知らない人に貸す、となると金額も多額だった場合より重要になってくるでしょう。

 

 

友達だと「付き合いが長いから」などの判断基準もあるでしょう。そこで「この人はきちんと返してくれる」と判断基準となるのが、クレヒス(クレジットヒストリー)となる訳です。

 

 

クレジットカードも同じく、長く返済をしているほどクレジットヒストリー(返済履歴)が残り、審査も良い方向へなる傾向があります。

 

 

クレジットカードの利用状況は個人信用情報機関に登録され、過去2年間の入金情報や使用額などの情報が記録されています。その記録は全クレジットカード会社が確認する事ができます。

 

 

ですので、過去に延滞などのトラブルもしくはカードの現金化などの契約違反をしたなどがあった場合、ブラックリストに入っている場合があり、当然審査は厳しくなります。

 

 

このような状況の場合ですと、新たに「クレヒス」を作ることがポイントになってきます。毎月クレジットカードを利用し、きちんと支払い期限に遅れることなく支払いを済ませてクレヒスを積み上げていくことが大切です。

 

 

また、携帯端末の分割払いなどでもクレヒスを作ることができると言われています。この意見はいろいろとあるようですが、もしクレジットヒストリーが全くないのであれば、しておくのもいいかもしれません。

 

 

嘘の情報を入力するのは駄目

基本的に嘘ってバレます。特にこのようなカード会社の場合、嘘なんて丸見えですので、ある意味嘘をつくのはデメリットでしかありません。意味なしです。

 

 

まずカード申し込みの項目などはすべて嘘をつかずに入力するのが重要です。万が一、入力ミスがある場合も考えられますので、再度チェックすることをお勧めします。

 

 

ちなみに、良くある話が「年収の嘘」です。クレジットカードは基本的に年収は自己申告ですので、嘘を書いても最初は大丈夫だろうと思いがちです。

 

 

しかし「キャッシング枠」を申し込んだら、収入証明書の提出をしてくれ、という話が来た。このような場合どうしますか?

 

 

年収の5万〜10万円ぐらいの違いですとまだマシでしょう。しかし明らかに年収が異なる場合。例えば普通の会社に勤めている社員で年収が300万だったとします。

 

 

それが年収600万などと申告していると「虚偽申告」となり、ブラックに入る可能性だってあるのです。

 

 

クレジットカード会社に嘘をついてクレジットカードを作ろうとしてバレてしまった場合、今後その会社でカードを作ることができなくなる可能性がありますので気をつけましょう。

 

 

楽天カードのお得なメリットについて

還元率が良く特に楽天市場で効果を発揮!

楽天カードを持っているのであれば、お得に使いたいですよね。一番お得にポイントを貯める方法としては、やはり「楽天市場」での買い物になります。

 

 

楽天市場では、楽天カードを持っている条件で楽天カードで決済をすると、一般的なクレジットカードではポイントは1倍(100円1ポイント)になります。

 

 

それが楽天カードの場合ですと、ポイントは4倍となり100円で4ポイントにもなるのです。つまり、ポイントを貯めるのなら、楽天市場での買い物が一番ポイントが貯まる環境となっているのです。

 

 

他にもポイントが貯まるキャンペーンなどを良く行っており、楽天市場において楽天カードの利用はポイントを貯めやすいシステムとなっているのが特長となります。

 

 

楽天ポイントカードでポイントの二重取り!

例えばコンビニなどで買い物をする場合でも、100円で1ポイント(還元率1%)つきます。しかし、これが楽天ポイントカード加盟店ですと、ポイントの二重取りをすることが可能なのです。

 

 

例えば楽天ポイントカード加盟店で1万円の買い物をすると、楽天カードだけの支払いでは100ポイント付与されます。しかし楽天ポイントカード機能を使うとポイントカードの付与分も合わせて、合計200ポイントゲット出来る、という流れとなります。

 

 

 

 

楽天ポイントカードが使えるお店一覧

 

 

上手く楽天カードと楽天ポイントカード加盟店を組み合わせて、上手に賢く買い物をしたいものですね。